創の軌跡 本編Chpater2 感想(ネタバレあり)

創の軌跡感想文2
創の軌跡感想文2

※旧ブログの記事を移行したものです。

Chapter1が終わった直後にOPが流れる今作。プレオープニングないのかしら。個人的には結構楽しみにしてたんですけどね。では以下ネタバレ

綿

特に閃1と3のプレオープニングが好きなブログ管理人の綿です、こんにちは。先週末でやっとChapter2までクリアしたので備忘録として残します。

夢幻回廊が使えるようになりました!

夢幻回廊

本編だとレベルアップや道具整える場所が限られるのでChapter1はすごく辛かったのですが夢幻回廊登場でようやく本格的な鍛錬ができて嬉しいですね。精神的にもホッとしました。

ただ1階層のボスですら手こずってしまうのが私のゲームセンスなので残りの階層ボス倒せるか不安だったりします。

成績表みたいなもの

サブクエはないけど一応ランクは付ける様子。システム的には今までの軌跡と同じでやりこみたい人向け。話を進めたいだけの人はスルーしても問題ない。

ミニゲームも解禁!

ミニゲーム「魔法少女まじかるアリサ」

魔法少女まじかるアリサがやっとプレイできるようになりました。元ネタは東ザナだっけ?難易度はやさしいにすれば大抵の人は余裕でクリアできるはず。

ミニゲーム「ポムっと」

おなじみのポムっとですね。碧の軌跡から長いこと続いているミニゲーム。本編に組み込まれていない分いくらかマシなのが救い。

これからChapter進むごとさらにミニゲーム増えるんですよね?本編集中できるか不安になってきた…w 

Cルートの愉快な仲間たち御一行らが楽しい

ラピスたんかわいい

Cルート中盤のワンシーン。まるで人間ですね。これはロリコンが惚れても仕方がない。 

なーちゃんすーちゃんの話は3と9読めば過去はだいたいわかるので割愛。後ろめたい過去の描写を悲壮感出さないで描写してくれるのはユーザーとしてもありがたいところ。悲劇のヒロインはレンとティオとリーシャでお腹いっぱいだよう。

Chapter2ラストでCの正体がバレます。まあ予想通り。

発売前電撃PS公式がCルート御一行のSクラ動画を流していた時に声の雰囲気と演出でだいたい分かってましたしね。

個人的にCの人は髪切った方がさっぱりしてて好き。声豚的に見ても安定した演技をしてくれる方なので問題ないというかむしろ嬉しいですね。

さてあらかじめここで伝えておきますがこのブログはネタバレありきなのでCの正体は以降バラして記載することにします。なるべくボカシますがね。あらかじめご了承願いたい。

愉快な仲間たちことCルート御一行ですが個人的な見解を以下述べさせていただきます。

肝心のCさんは微妙なクラフトのおかげで使いにくいです。回復してくれるのはありがたいんだけど位置移動までしなくていいんですよ。これから先もっと便利なクラフトゲットしてくれることを祈りたい。

すーちゃんは完全にファイター系だからHPだけ気にしてあとは脳筋プレイすればよし。

ラピスは後方からクラフト打てるのがありがたいANDアーツ要員。

なーちゃんは状況に合わせて回復・補助・アーツ・攻撃なんでもござれなので使いやすい。

まあバランスは取れているんだなあと書いてみて実感。

ロイドルートはリーシャがヒロインでいいんじゃね?もうメンドクセ

クロスベルが独立するのはもう分かり切ってるから消化試合なのでどうもやる気が起きないルート。

それでもChapter2ラストでかつて因縁同士のツァオとガルシアのおっさんコンビが一緒に戦うシーンはちょっと感動。

ただこのボス戦40ターン以内でクリアはかなり疲れました。合計20回くらいやり直した記憶が…軽くトラウマだよう〜さすが難易度最高のナイトメア。

リィンルートはユーシスの動向に注目

ユーシスはクラフトもステータスもイベント的も全ての事項においてかなり優遇されている気がします。だってCさんがユーシスのお兄さんだもんね。そりゃあ優遇されるに決まってるといえばそうですね。

ユーシスがCの仮面剥いだ時のシーンは個人的に一番格好良かったよ。

別にユーシス・ミリアムのカップリングに興味はないけど、この二人の戦闘後の掛け合い見てるとちょっと癒されたので残しておきましょう。

ユーシスって兄貴も親父も彼女候補(ミリアム)も規格外すぎていろんな意味で心配です。7組の中で一番最初にはげそうだね〜

ユシミリ尊い

という訳で現在Chapter3をプレイ中。Chapter3をクリアしたらまた書きに参ります。ではでは〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です