映画「TENET」鑑賞記録

映画観賞にはまりつつある。理由は明白で、ゲームをして世界観を満喫したいのが第一なのだが時間がかかる割に先に進まないのがネック。なので代わりに満喫できるものはないかと探して見つけたものが映画であった。

アニメでもいいんだけどアニメのフィクション世界についていくことも精神的に疲れてきたお年頃なのでゲームに集中できないときは映画を見ることにする。では以下まとまっているのかよくわからない感想文を投下。一応ネタバレかな。

綿

本当は年がら年中ゲームしたいんだよ。でもする気力と体力が持たない。そんな自分にイライラだあああ

事前感想

今回鑑賞した映画は「TENET」。ネットで概要を見ると時間を戻せだの順行だの逆行だの議論している。タイムトラベル系か~もうやりつくしてネタないんじゃないの?って思いながらあんまり期待せずにTOHOシネマズへ。本当は池袋のIMAXで観たかったけど池袋に行く暇がなかったので近場の立川立飛で観てきました。

ちなみにこのTENET、9日のレイトショーと11日の最初の回とで計2回観てきました。2回観てきた理由は後述。

台風接近していたにも関わらずほぼ満員。コロナの影響で座席を1席ずつ空けて座らせていました。快適に見れていいのでコロナが収まるまではこの体制でやってほしいですね。まあ売り上げが散々だろうけど。

鑑賞後感想1回目

なるほどわからん。

ってのが第一声。何がわからないのかというと結局主人公である名もなき男は何をしたかったのかっていうこと。そして今映っているキャラクターは同じタイミングで順行していたり逆行しているから目的とそれに付随する行動が滅茶苦茶入り乱れてしまいお話しに置いてけぼりにされないよう必死に話を追っていました。

結果とっても頭痛の鳴り響く作品でした。

とまあ帰りの電車の中ぐるぐるとストーリー咀嚼していて頭を使いすぎ、本当に熱が出てしまいました。10日は熱を下げることと作品を理解するためにネットを駆け巡りストーリーや設定を確認する作業に入ります。

綿

とはいえ迫力のあるカーチェイス、空港爆破は面白かったので見ていて飽きませんでしたよ!あとキャット役の人身長でかすぎて笑った

TENETの解説動画が乱立されている

ネットサーフィンしていた時に参考になったのはyoutubeの解説動画。最近はブログではなく動画なんですね。(私も準備が整ったら何か動画作りたいと思います。)

観ていて参考になった動画を一部ご紹介します。といってもこの動画を投稿しているたてはまさんの動画を見れば大体わかると思います。結局ある一時の話をぐるぐると順行←→逆行していたってオチでした。

鑑賞後感想2回目

解説動画を見まくり自分なりに悟りを得たので2回目の鑑賞をしてきました。1回目は主人公自体が順行して物語が進むため順行目線で鑑賞していましたが2回目は逆行目線で観てきました。そうすると色々見えてきますね。なんでこの時セイターやニールはこの行為をしたのか、言葉をしゃべったのかという理由がわかります。

ちなみにニール=マックス説は個人的には反対です。あくまでもニールと名もなき男との友情が成り立っていたのであってそれ以上の関係を見せたいのなら視聴者に対して感情的な”語り掛け”が足りないです。

この作品は人の感情もそうだけど何か事を始めるための事前情報をシャットダウンしている傾向が多いです。その辺は自分で脳内保管してくれって感じなんでしょうか。この監督の作品はTENETが初なのでこの趣向が持ち味ならまあしょうがないのかもしれません。

まとめ

SNSでは物理学知らないと理解しにくいって言ってる人もいましたが、個人的にはそんなに気にしなくてもいいと思います。派手にドンパチやってれば十分だって人がみても十分楽しめると思います。ただちゃんとストーリー追いたいなら面倒でも2回くらい観たほうが話の流れが分かるのは事実です。個人的には2回観て75%くらい何やってんのか理解はできたのでまあいいかという感じです。円盤出たらまた観たいですね!観てよかったと思います。

ちなみに2回目鑑賞時に鑑賞特典くれたんですけどこれ全部制覇した人いるのかしら。13種類集めるって結構大変よね。私はセイターさんでした。

TENET公式サイトはこちら https://wwws.warnerbros.co.jp/tenetmovie/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です