創の軌跡 本編Chpater1 感想(ネタバレあり)

創の軌跡感想Chapter1 (ネタバレあり)
創の軌跡感想Chapter1 (ネタバレあり)

※旧ブログの記事を移行したものです。

こんにちは、当ブログ管理者の綿です。日本ファルコムから2020年8月27日に発売された「創の軌跡」をプレイしています。先日Chapter1をクリアしましたので軽く所感をまとめておきます。今後Chapterクリアごとに感想をまとめますね。

ちなみに私、初周プレイ時は攻略サイト一切見ません。今回サブクエないのでやりたいようにやれて嬉しいです笑

『創の軌跡』情報(公式サイトより抜粋)

正式名称英雄伝説 創の軌跡 ( はじまりのきせき )
公式サイトhttps://www.falcom.co.jp/hajimari/
ジャンルストーリーRPG
創の軌跡 基本情報

Chapter1クリアまで約6時間。というのもハイスピードモードの存在をChapter1終盤まで忘れていて時間がかかりました。

Cルート解禁!

Chapter1ラストでCルートが解禁されましたが短いのが勿体無い。新キャラ4人でパーティーを組むことになりそうです。なーちゃんの緩いボイスがとても可愛らしくて好きですね。

それにしてもCさんは自分の荷物ぐらい自分で確認したらどうなんだ?お子様にやらせるんじゃなくてさ。

敵が硬すぎる!

選択した難易度は「ナイトメア」。ナイトメアを選択したことを少々後悔。だって敵が硬すぎるんですもの。

だからロイドルートのチュートリアルを半べそかきながらプレイしていました。アーツで攻撃した方が属性効果がある分体力削ってくれるのが救い。前作から相変わらずアーツゲーですね。

バトルがごちゃごちゃしすぎな印象

またバトルの話で申し訳ありませんが大事なことなので。発売直前ファミ通でのインタビューで近藤社長は以下のように述べています。

ヴァリアントレイジのように、役立つ要素をたくさん用意したぶん、それを活用しないと前作よりも難しく感じるかもしれません。

ファミ通2020/9/10号 近藤社長インタビュー抜粋

おなじみのSクラフトやブレイブオーダーに加え、今回は敵側もゼロクラフトをぶっ放せたりブレイブオーダーのような物を使ってステータス強化可能になっています。今までシリーズを遊んでいた人なら次第に慣れていきますが少々ごちゃごちゃしすぎな印象です。

ハイスピードモードが快適

ロイドルート終盤までハイスピードモードの存在を忘れていたため時間がかかってしまったのは失態です。雑魚戦やダンジョン内移動はハイスピードモードデフォですね。

ただあまりにも動作が早すぎて選択や確認がしにくい。ボス戦では使いにくいですね。オプションで早さの調整ができればさらにユーザーに優しい作りになっていたかもしれません。アップデートでこの辺の仕様追加してくれたら高評価。

サブクエスト、絆イベントがないので快適プレイ可能

今回の軌跡は今の所サブクエストや絆イベントがありません。なんて快適なんでしょう!

これら要素はキャラ掘り下げなどの手助けの一つになりますが、毎回毎回本筋のストーリーを進めるのにテンポを極度に乱すため個人的には大嫌いな要素でした。

次回作以降もサブクエストや絆イベントは極力減らすか存在自体ありませんように。

で、今の所感想はどうなの?オススメできる?

オススメできるのは軌跡シリーズをプレイし続けてきた人限定。次点でストーリー気にせずキャラ追いかけたい人。

今の所は特に不満はありません。強いて言えば敵が硬すぎることくらいです。過去作に比べれば格段にプレイしやすくなっています。

それではまたChapter2クリア後にお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です